自分にとっては改悪だと感じた法律改正

あまり法律のことに詳しくないのですが

あまり法律のことに詳しくないのですが、民主党のことが色々あってから、日本の政治や法律のことも、きちんと考えないといけないと反省しました。

目先の利益につられて、子ども手当を出したわけですが、あの法律ほど改悪だと感じたことはなかったです。
実質の収入自体は、控除がなくなったりして減ってしまったわけです。
なんだか、振り回された感が大きかったです。

今はお年寄りの人口が多いから、選挙のことを考えれば、高齢者に嬉しい政策を出した方が有利だと思います。
でも、これからの日本のことを考えると、そうはいかないと思います。目先だけで誤魔化して、負担を先送りするばかりでは、これから先の将来を生きていく人たちに申し訳ないとは思わないのでしょうか。
自分一人の力なんて全くないですが、きちんと選挙にも行って政治のことをしっかり考えたいです。
これからの日本の将来は、心配なことが多すぎると思うのは、私だけでしょうか。

私にとって改悪だと感じた法律改正は

私にとって改悪だと感じた法律改正は、子供に対する様々な手当の改正です。

まず、改悪だと感じたのは、麻生総理の時に決定されていた、入学前幼児に対して一律何万円かを配るという法律が、民主党政権になってしまって廃止されてしまったことです。
今のご時世、お給料が増える見込みもなく、苦しい生活を送っているので、1円でももらえるものはもらいたいと感じていました。
そんな中、ちょうど対象となる子供がいた私にとっては、麻生総理のこの制度は非常にありがたいと思ったものでした。

ところが、あっという間に1度も実施されることもなく、この法律は消えてしまったのです。
既に、生活費に組み込んでいた為、非常に残念でした。

しかし、それよりももっと期待はずれだったのは、その後の民主党政権の子供手当26000円です。
これだけもらえたら本当に助かると思っていたので、民主党には大いに期待していたのですが、この子供手当も夢のまた夢に終わってしまいました。

オススメワード

Copyright 2018 自分にとっては改悪だと感じた法律改正 All Rights Reserved.